スポンサーサイト

-------- (--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の森、使って再生 - 日経MJ 2/25(金)

2011-02-25 (13:37)

日経MJ 2月25日(金曜日)からの、主要記事サマリーの引用掲載です。

日本の森、使って再生

20110225a 日本は山林などが国土の7割弱を占める森林大国だ。だが、輸入自由化で安価な海外の木材が国内市場の7割を占めるまで拡大。国内の森は長年放置され、荒れてきた。戦後の植林が製材化の適正年齢を迎えた今、これらをきちんと利用し、消費者の手元に届けようと取り組む業者が現れている。2011年は国連の国際森林年。消費社会と持続可能な森づくりをつなぐヒントを各地に探る。
[2011年2月25日付]
写真:手入れされた山林について語る岡山県西粟倉村の関課長

以上、MJ最新号の主要記事から
その他、紙面には以下の記事も掲載されています。
* 日本の森、使って再生
* ヒットを狙え)ハイボール缶、若者がトリスにトリコ
* 立ち食いグルメいろいろ
* 大丸東京店、食品売り場刷新、ほっぺタウン復活
* 低価格メーキャップ化粧品、写真シール最大手と拡販
* PCデポ、保守・修理店の出店加速
* 教育関連各社、新指導要領向け講座を強化
* ホットランド、トレーラーハウスの店舗
* アジア、売上比率3割に迫る――欧州高級品大手の2010年度決算
* 流通交流フォーラム講演)世界展開、成功のカギは「顧客の声聞き現地化」

テーマ : マーケティング  ⁄   ジャンル : ビジネス

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。