スポンサーサイト

-------- (--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急落消費に底力なお、「節電需要」が下支え - 日経MJ 4/27(水)

2011-04-27 (21:29)

日経MJ 4月27日(水曜日)からの、主要記事サマリーの引用掲載です。

急落消費に底力なお、「節電需要」が下支え

20110427a 明るい兆しが見えていた個人消費は東日本大震災で暗転した。消費関連企業の景況感を示す日経消費DIの4月調査で、業況判断指数は前回の1月調査から急落、1997年7月調査以来となる23ポイントの下落幅を記録した。3カ月後の業況見通しは過去最大の36ポイントの低下。影響の大きさを物語る。ただ、消費者の関心は有事に強い必需品だけでなく高機能品にも向かっており、消費の底力に期待する事業者も少なくはない。
[2011年4月27日付]
写真:半数以上の商品を陳列できるようになったスーパーのヨーグルト売り場 (東京都練馬区のいなげや練馬上石神井南店)

以上、MJ最新号の主要記事から
その他、紙面には以下の記事も掲載されています。
* 急落消費に底力なお、「節電需要」が下支え
* グリコ、大人に変身中
* 折りたたみ靴、おしゃれに携帯
* ソーシャルメディア、マーケティングへの活用探る
* 節電対策にクールビズ、首都圏の百貨店が商品拡充
* 人気キャラの「リサとガスパール」、子供向けを増強
* SNS大手と携帯電話各社、高機能端末で連携相次ぐ
* 書籍流通にも震災の影、3月の書店売上高は7%減
* とんかつの「坂井精肉店」、1年で店舗数2.5倍に
* 天然素材の雑貨「スピモ」、見るだけで和むデザイン

テーマ : マーケティング  ⁄   ジャンル : ビジネス

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。