スポンサーサイト

-------- (--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メードイン東北」を売る、アパレルが工場支援 - 日経MJ 5/11(水)

2011-05-11 (12:01)

日経MJ 5月11日(水曜日)からの、主要記事サマリーの引用掲載です。

「メードイン東北」を売る、アパレルが工場支援

20110511a 東日本大震災から2カ月、「メードイン東北」を前面に打ち出した衣料品が店頭に並び始めた。震災発生後、被災地の縫製工場に発注していた商品だ。東北産を打ち出すことで応援消費を取り込む狙いがありそうだが、実態は「支援取引」の色彩が強い。技術力を武器に復興に立ち上がる地元工場と、産地の支援をてこに成長戦略を立てるアパレルとの取引の現場に迫る。
[2011年5月11日付]
写真:「東北から、ありがとう」のタグをつけて店頭に並ぶ「鎌倉シャツ」 (東京都千代田区)

以上、MJ最新号の主要記事から
その他、紙面には以下の記事も掲載されています。
* 「メードイン東北」を売る、アパレルが工場支援
* 緑・風・水、自然が冷やす節電の夏
* リヤカーと無料誌コラボ、若者招くイマドキ書店
* 日本レコード商業組合、メーカーにCD店支援を要望
* コーナン商事、4年ぶり小型ホームセンターの出店再開
* 紳士服各社が夏向け雑貨、青山商事は「清涼ハンカチ」
* 計測機器やフラスコ、アスクルが実験用品をネット通販
* CD卸のハピネット・ピーエム、物流拠点の統合延期
* 家具見本市「ミラノ・サローネ」、手仕事が担う自然との共生
* うどん・串カツ、フジオフードが二毛作営業で首都圏開拓

テーマ : マーケティング  ⁄   ジャンル : ビジネス

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。