スポンサーサイト

-------- (--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「表示どこまで…」困惑(食の安全は今) - 日経MJ 10/12(水)

2011-10-12 (11:52)

日経MJ 10月12日(水曜日)からの、主要記事サマリーの引用掲載です。

「表示どこまで…」困惑(食の安全は今)

20111012a 野菜、牛肉、魚介類…。福島原発事故による放射性物質問題に収束の気配が見えないなか、食品に気を使う消費者の数も減らない。小売りや外食にとって、産地や検査の結果をどう顧客に伝えるかは大きなテーマだ。店頭の適切な表示で安心感を確保するのは最優先課題だが、いたずらに不安心理をあおらないバランスも求められ、手探りが続く――。
[2011年10月12日付]
写真:放射能物質を測定し安定を確認した福島県産の果物・野菜が並ぶ (東京都港区のカタログハウスの店東京店)

以上、MJ最新号の主要記事から
その他、紙面には以下の記事も掲載されています。
* 「表示どこまで…」困惑(食の安全は今)
* 企業キャラ、中身で勝負
* おやこ、こっそり、おそろい
* 園芸用品の実演販売、ホーマック全店で
* スマホ初心者向け、エディオンが相談人増員
* 良品計画とJICA、途上国支援で商品企画
* 借り上げ社宅の手配、リロHDが包括支援
* グローバル人材、外食各社も育成本格化
* 外国人向け観光案内所、もっと便利に
* 首都圏の外食チェーン、女性の1人利用が2割

テーマ : マーケティング  ⁄   ジャンル : ビジネス

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。